(株)木瓜屋-もくこうや-
手筒花火 - 豊橋祇園祭 毎年豊橋の祇園祭りで手筒花火を揚げています!
店舗メニュー>> HOME 本店 人形店 生花店 WEB結納店 WEB人形店 WEB装飾店
毎年7月の第3金曜日から日曜日の3日間、豊橋祇園祭りが開かれます。吉田神社を中心とした8ヶ町合同のお祭りで、金曜日に吉田神社にて手筒花火、土曜日に約1万2千発の打ち上げ花火、日曜日に本祭りが行われます。生花店がある札木町が豊橋祇園祭りの8ヶ町に入っている関係で、私も毎年参加しています。

手筒花火
▲何回やってもやっぱり熱いです。
手筒花火
▲はね粉に火がつき「ドーン」という音と
共に火が下に抜けている所(なかなか
この瞬間が写真で撮れないんですよ!)

手筒花火は東三河地方に伝わる花火で、東三河地方の人なら知らない人はいない程伝統のある花火です。火柱を上げて火の粉を噴出し、最後に「ドーン」と爆発して終わります。その間約30秒ぐらいの短い時間ですが、大変迫力があります。女人禁制の男気のある花火です。


手筒巻き
▲手筒花火の縄を巻いている所です。
私は今でこそ慣れて来ましたが、初めて手筒花火を揚げた時には火の粉の熱さも「ドーン」という音も全く覚えていないほど頭の中は真っ白でした。2、3回揚げた頃からようやく落ち着いて炎の熱さを感じながら揚げられるようになりました。今ではすっかり手筒花火の面白さにハマってしまいました。


金曜日の15時30分から16時頃に吉田神社近くの国道23号線の交差点で、乱玉や大筒の花火を乗せたお神輿が練りこみます。各町1台づつの計8台の花火神輿が集合して練り込むので、その姿は圧巻です。豊橋祇園祭りの隠れた見どころでもあります。皆さん見に来てくださいね。

お神輿 ←手筒花火の間に揚げる乱玉花火を乗せたお神輿。かなり重いです。花火を奉納するために吉田神社まで町内を回りながら練り込みます。お神輿を担ぎたい人は来てください!特に若い衆は歓迎致します!

お神輿 ←こちらは土曜日の夜に打ち揚げる打ち上げ花火の玉入れた玉箱を乗せたお神輿。こちらは少し軽いです。吉田神社まで奉納します。
<< HOME   << 戻る



>>お問い合わせ
愛知県豊橋市魚町35
0532-52-5101(代)
  (受付9:00〜19:00)
メールは24時間以内に返信するように心掛けております。(日曜日を除く)
お問い合わせフォーム

店舗案内MAP
サイトMAP
リンク集